伝統文化で交流する人のPEOPLE動画マガジン

会員ログイン

お知らせ


今月のピックアップ

第138回 都をどり
第1景「置歌」から始まり、春から夏・秋・冬そして最後のフィナーレの春へと1時間の公演時間で四季の移り変わりを舞台上で表現しており、また、振付は京舞井上流家元井上八千代を筆頭に毎年新作の振付での、祇園の優雅な舞をご堪能下さい。
和ガラス ―粋なうつわ、遊びのかたち―
本格的にガラスの器作りが開始したのは、江戸期に入ってのこと。南蛮船がもたらすヨーロッパのガラス器に憧れ、17世紀前半から中頃、長崎で吹きガラスが始められたと考えられています。
第八回 浅草観音うら・一葉小松橋通り「一葉桜まつり」江戸吉原おいらん道中
江戸吉原おいらん道中では、三本歯の高下駄で太夫が歩く足の運び方「外八文字」、可愛い禿、振袖新造、手古舞を従えて豪華絢爛に練り歩く姿や形、歌舞伎の世界そのままにご覧いただけます。

HOME < 今月の書道家

今月の書道家

ことたま「書」プロジェクト

ことたま「書」プロジェクトは、連載特集で伝統文化を支える方々から、もっとも記憶に残っている心の言葉を取材し、その言葉からイメージする「書」を、若き書道家たちに題字を書いていただくプロジェクトです。Vol.001で取材したのは、人間国宝の舞踊家・花柳寿南海さん。心の言葉は「なせばなる、なさねばならぬ何事も」。Vol.2では同じく人間国宝の箏曲家・二代目米川文子さん。心の言葉は「芸は一生。死ぬまでが勉強」。

『ゆめ』 高橋波音くん(小学2) 『大夢』 北野木那さん(小学3)
『無限力』 飯田奈々さん(中学2)/吉本愛梨さん(中学1) 『心の力』 松原大くん(中学3)
『人一倍』 わたべりくくん(小学) 『一本の道』 日下秀太くん(小学)
『極真』 田中佐智香さん(中学2) 『自ら求める』 ○○くん(中学)
武田双雲(たけだ・そううん)

書道家●武田双雲(たけだ・そううん)

1975年熊本生まれ。書道家でもある母・武田双葉に師事。日テレの「世界一受けたい授業」「バンキシャ」など、様々なメディアに出演する一方、NHK大河ドラマ「天地人」の題字や雑誌の表紙、商品デザインも手がける。2003年には、書の殿堂である上海美術館より、龍華翠褒賞を授与2008年には副都心線「明治神宮前駅」の書「希望」(10m)で日本の芸術家12名に選出されるなど大人気の書道家。約200人の門下生に対し、従来の枠を打ち破る新しい形の「ふたばの森」書道教室を開催しています。

http://www.souun.net

ページTOPページTOP