伝統文化で交流する人のPEOPLE動画マガジン

お知らせ


今月のピックアップ

第138回 都をどり
第1景「置歌」から始まり、春から夏・秋・冬そして最後のフィナーレの春へと1時間の公演時間で四季の移り変わりを舞台上で表現しており、また、振付は京舞井上流家元井上八千代を筆頭に毎年新作の振付での、祇園の優雅な舞をご堪能下さい。
和ガラス ―粋なうつわ、遊びのかたち―
本格的にガラスの器作りが開始したのは、江戸期に入ってのこと。南蛮船がもたらすヨーロッパのガラス器に憧れ、17世紀前半から中頃、長崎で吹きガラスが始められたと考えられています。
第八回 浅草観音うら・一葉小松橋通り「一葉桜まつり」江戸吉原おいらん道中
江戸吉原おいらん道中では、三本歯の高下駄で太夫が歩く足の運び方「外八文字」、可愛い禿、振袖新造、手古舞を従えて豪華絢爛に練り歩く姿や形、歌舞伎の世界そのままにご覧いただけます。

HOME < プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

ご利用規約

サラマック貿易株式会社(以下『当社』といいます)の運営する伝統文化市場(以下『当ウェブサイト』といいます)のご利用にあたっては、事前に以下のご利用規約をお読みいただき、同意された場合にのみご利用ください。また当社は、本規約を随時変更することができるものとしますので、最新の内容をご確認ください。

<著作権について>

当ウェブサイトに掲載されているあらゆる形のコンテンツ(文章、写真、イラスト、映像、表、図面、グラフ、プログラムなど、すべてのデジタル情報)の一部または全部を著作権法第30条に規定する私的使用以外の目的で複製することはできません。たとえば、上記コンテンツの一部または全部を著作権者の許諾を得ずにホームページに転載すれば著作権法違反になります。また、上記コンテンツの一部または全部を著作権者の許諾を得ずに複製のうえ、社内のLANなどで配信することも違法行為となります。 著作権法第32条で「第32条 公表された著作物は、引用して利用することができる」との規定がありますが、同法32条においてさらに「この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と規定しており、単にかぎかっこを付け出所を表示しただけでは、判例等で示されている要件を充足せず、著作権法第32条で定めている「引用」には該当致しませんのでご注意ください。

<承諾なしに利用できる私用利用範囲>

・ 人的な興味や趣味などで家庭内や家族で閲覧、印刷などをして使用する場合。

・ 小中高校(およびこれに類する教育機関)など、教育目的のために使用する場合。

<商標について>

当ウェブサイト上で使用されるトレードマークやサービスマークなどの商標は、当社または当社に使用を認めた権利者に帰属します。これらを無断で使用することはできません。

<免責条項について>

利用者が本サービスを通じて情報(広告を含む)を得たこと、またはなんらかの原因により本サービスを利用することができなかったことよって生じるいかなる損害についても、当社はなんら責任を負うものではありません。また、当社は、当ウェブサイトの利用によって生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルやその他の損害について責任を負うものではありません。なお当社は、予告なしに当ウェブサイトの運営を中断または中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

<リンク許可>

当ウェブサイトへのリンクは基本的に無料ですが、フレーム内でリンクするなど、閲覧者に誤解を招くようなリンク方法はお断りする場合があります。事前にお知らせいただいている、いただいていないにかかわらず、当ウェブサイトへの不適切なリンクが認められた場合には、リンクを解除していただくよう要請させていただく場合がございます。その点、ご了承ください。

個人情報保護方針

サラマック貿易株式会社(以下『当社』といいます)の運営する伝統文化市場は、インターネットを介した情報提供などを通じ、多数の方々の個人情報を取得し利用しています。同時に、マスコミの一員として、個人情報保護の重要性や情報漏えいの危険性などを報道・啓蒙する立場にあります。当社はこうした役割を認識し、個人情報保護に対して厳重かつ適切な管理体制を敷くべき責を負うものと認識しております。 そこで、下記のように個人情報保護方針を制定いたします。皆さまに安心して当社のサービスをご利用いただけるように、当社のすべての従業者は、この方針に従って個人情報の適切な取扱い、管理、維持に努めて参ります。

  1. 個人情報は、当社の事業活動に必要な範囲に限定して、適切に取得、利用、提供いたします。
  2. 当社では、あらかじめご本人の同意を得ることなく利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないことを原則とし、そのための措置を講じます

  3. 個人情報保護に関する法令、国が定める指針およびその他の規範を順守します。

  4. 保有する個人情報の漏えい、滅失またはき損を防止するため合理的な対策を講じるとともに、必要な是正措置を講じます。

  5. ご本人から個人情報の照会、訂正、利用停止、削除等のお申し出があった場合は、法令及び当社の規定に則り、合理的な範囲で速やかに対応します。

  6. 個人情報保護の取り組みは、継続的に見直し、改善していきます。

ページTOPページTOP