伝統文化で交流する人のPEOPLE動画マガジン

会員ログイン

お知らせ


今月のピックアップ

第138回 都をどり
第1景「置歌」から始まり、春から夏・秋・冬そして最後のフィナーレの春へと1時間の公演時間で四季の移り変わりを舞台上で表現しており、また、振付は京舞井上流家元井上八千代を筆頭に毎年新作の振付での、祇園の優雅な舞をご堪能下さい。
和ガラス ―粋なうつわ、遊びのかたち―
本格的にガラスの器作りが開始したのは、江戸期に入ってのこと。南蛮船がもたらすヨーロッパのガラス器に憧れ、17世紀前半から中頃、長崎で吹きガラスが始められたと考えられています。
第八回 浅草観音うら・一葉小松橋通り「一葉桜まつり」江戸吉原おいらん道中
江戸吉原おいらん道中では、三本歯の高下駄で太夫が歩く足の運び方「外八文字」、可愛い禿、振袖新造、手古舞を従えて豪華絢爛に練り歩く姿や形、歌舞伎の世界そのままにご覧いただけます。

HOME < マガジンVol003|朝倉 摂

マガジン

すべては、前衛でなくてはならない。

「好きなことを仕事にできるってことは、幸せなこと。たとえ失敗したって、いいんです。
失敗も成功のモトですからね。思うようにいかないことがあっても、好きだから続けられる。
逆に言えば、好きじゃなきゃやっていけません。」

文・氷川まりこ/写真・坂口ユタ

人間国宝 舞踊家 花柳寿南海

プロフィール

朝倉 摂 ●あさくら・せつ
舞台美術家、画家。1922年、彫刻家・朝倉文夫の長女として東京に生まれる。1970年に渡米し舞台美術を学び、本格的に舞台の仕事を始める。前衛劇から古典オペラまで、これまで手がけてきた舞台は500本を軽く超える。日本舞台美術家協会理事、日本劇場技術家協会会長、劇場演出空間技術協会理事。

ページTOPページTOP